ニュースリリース newsrelease

みずほ銀行などと北九州市での実証実験を9月1日より開始

株式会社みずほ銀行(頭取:藤原 弘治)、株式会社福岡銀行(取締役頭取:柴戸 隆成)、
株式会社西日本シティ銀行(頭取:谷川 浩道)、株式会社北九州銀行(頭取:藤田 光博)と共に、
9月1日よりキャッシュレス決済促進に関する構想の実現性を検証するための実証実験を、北九州市で新たに開始します。

当該実証実験は、北九州市における観光客や地元購買客のキャッシュレス消費の取り組みに向けて、
北九州市に支援や協力を頂き進めていくものであり、実験を通してQRコード決済の利便性検証を行います。

実証実験の概要

・実験時期:2018年9月〜12月(予定)
・実施エリア:北九州市内のJR小倉駅周辺施設・店舗、大型商業施設等

※参加加盟店は順次拡大予定です。

■お金コミュニケーションアプリ「pring(プリン)」とは

pring(プリン)は、お金を「おくる、もらう、はらう、チャージ、口座に戻す」をすべて無料で完結できるお金コミュニケーションアプリです。
主な特長として、1) 無料での銀行口座から本アプリへのリアルタイムチャージ、2)本アプリのユーザー同士による1円単位でのリアルタイム送受金、3)QRコードやバーコードの読み取りによる本アプリ加盟店での決済、4)振込手数料無料で本アプリから自身の銀行口座へお金の戻入れ、等があります。

■今後の展望について

「pring(プリン)」は、加盟店での決済開始を通して、顧客基盤の拡大、送金および決済の増加に伴う「お金コミュニケーション」の加速につなげてまいります。
また、さらなる利便性向上に向けて、今後も外部連携の強化や、独自性の高い様々なキャンペーンを展開予定です。