そねだの訪問日記
〜CEATEC JAPAN編〜

CEATEC JAPAN 2018で、最先端のキャッシュレス技術を体験してきました。
~そねだの訪問日記~

みなさまこんにちは。pring広報のそねだです。

先日、10月15日〜18日に幕張メッセで開催されたCEATEC JAPAN 2018に行ってきました!

さて、突然ですがここでクイズです。
ででんっ。

これは何だと思いますか?






バスケットボール!

と答えたそこのあなた。





不正解です。
残念。

実はこれ、紙なんです!
こんな風に、立体的な印刷が施されていて、とても綺麗でした。
こういうの、ずっと触っていられる(笑)。

はい。冒頭からなんのこっちゃ?という内容になってしまいましたが、
CEATECでは、このように様々な企業が自身の自慢の最先端技術を披露しています。

やはり多かったのは、IoT、AI、ブロックチェーンやアグリテックなどですが、
私の今回の視察目的はもちろん、キャッシュレス決済!

会場が広くて、すべては到底周りきれなかったのですが、
今回はローソンさん、KDDIさん、MUFGさん、Origamiさんの展示にお邪魔してきました。
それぞれのテーマに沿った展示を行われていてとても興味深かったので、ご紹介していきます。

まずは、今回一番のお目当てだったローソンさん。
決済体験もできるので、私もちゃっかり参加させてもらったのですが、見てください!この長蛇の列!

QRコード決済に対する関心の高さが伺えます。他社さんのための行列とはいえ、嬉しいですね。

なんと、1時間待ちです…!!
最近話題の非接触決済で、商品も実際に購入できるということで、大人気でした。

各商品に専用バーコードがついています

残念ながらそねだは対応しているクレジットカードを持っていなかったので、デモ機で体験することに。
(pringダウンロードしたのに、対象口座を持っていない方の心境が痛いほど分かりました。)

手順としては、専用アプリをダウンロード後、商品を買い物袋に入れて

手前の黒い部分に、QRコードをピッとし、
右側に見える丸い板?と壁の間に商品を通すと

自動で読み取られて決済完了!
す・・・すごい!!!!!!!!

赤羽駅で無人コンビニの実験も行われていますが、
コンビニは今後キャッシュレスどころか、店員レスがスタンダードになりそうな予感。

お次はKDDIさん。
VRやARの展示を中心にされていて、アトラクション感が満載!

見るからに楽しそう!だったので、そねだも右側のやつ、乗ってきました。
ちょっとユOバ—サルスタジオの某魔法使いのアトラクションぽくて楽しかったです!
何遊んでるんだ、って怒られそう。まあいっか。

それはともかく、KDDIさんは、QRコードではなく、なんと生体認証決済のデモを行われていました!
利用には事前登録が必要とのことで、自分ではできないのですが、

商品を選択し・・・

手をかざすだけで決済完了!

めっちゃ真顔で写り込んでいるそねだはスルーでお願いします。

近!未!来!

お次はMUFGさん。

MUFGさんは、家電のIoTとQR決済の融合をテーマにされていました。
(業界人風なこと言っちゃったけど、間違ってたら恥ずかしい。)

例えば、この洗濯機についているQRコードを読み取り、決済すると、自動で回り始めたり、

こちらのランプは、電気の使用時間に合わせて従量課金されていきます。

コインランドリーやホテルでの利用を想定している、とのことでした。ふむふむ。

そして最後は、Origamiさん。
Origamiさんは、「折紙駅」で使えるQRコード決済の展示をされていました。

Origamiさんらしい、スタイリッシュな展示。

こちらでもQRコード決済体験ができるということで、大人気でした。

自分の番が回ってきたら、この擬似自販機で商品を選択し、表示されたQRコードを読み取ると決済完了です。

と、こんな感じで、今回はキャッシュレスに関する最先端の技術に触れてきました。

広報の立場でこんなに他社さんの宣伝しちゃって良いのか分かりませんが
以上、CEATEC JAPAN 2018レポートでした!

ではでは。

pring(プリン) -お金コミュニケーションアプリ-

pringはお金コミュニケーションアプリです

例えば、立て替えていたお金を返してもらう時。相手にスマホでメッセージを送るような感覚で、簡単にお金のやりとりができるアプリです。もちろんお店で会計をする時もスマホをかざすだけでサッと便利。