そねだの訪問日記
〜福島編〜

2018.08.30

こんにちは。
pring広報の曽根田です。
日々お金コミュニケーションを広めるべく、奮闘しております。
いよいよ北九州市での実証実験が今週末から始まりますね。

と、その前に、福島の実証実験の様子を視察して参りました!

実は今回の福島視察レポート、動画でお届けする予定だったのですが、
出来上がった動画素材が「死ぬほどつまらない。」と却下されましたので、今回は文章のみでのお届けとなります。
ということで、そねだの訪問日記〜福島編〜、ぜひお楽しみいただけますと幸いです。

さて。
東京から、特急ひたちに乗り、いわき駅に。
東北だから少し涼しいのかな〜、なんて淡い期待をよそに、 暑いです、福島県。

着いたら、まずは駅のすぐ近くにあるファミリーマートいわき駅前店へ。

すると。店舗入り口に「pring使えます」のサインが!
テンション上がる!
ということで、とりあえずpringでプリンを購入。
店舗でのpring決済、サクサク楽しい。pring、やっぱり使いやすい (自画自賛)。

ただ、レジで他のお客様の様子を見た感じ、pringどころか、現金以外の決済がほとんど行われていない模様・・・。
まだ1店舗目にてすでに先行きが不安ですが、とりあえずそこには目を背けてファミリーマートを後にします。

はい。お次はさくらモールとみおかに向かいます。
・・・と、言いたいところですが、私たちが降りたのは、いわき駅。
さくらモールとみおかは富岡駅にあるので、電車で向かわないといけません。
が、次の電車はなんと1時間後。
ということで、早速1時間待ちです。電車を待つ間、近くの某ドーナツショップに入店することに。

試しにpring決済できますか?と聞いたところ、「は?」と返されました。
まあそりゃそうですよね。
自社への戒めだと思って、広報活動頑張ります。

そんなこんなでダラダラおしゃべりしながら仕事について熱く語りながら、待つこと1時間。
やっと移動です。
20分ほど電車に乗って、富岡駅に到着。

はい。空がとっても広いです。
さくらモールまでは少し距離があるので、駅のロータリーに停まっていた唯一のタクシーに乗車。

運転手のお兄さんにダメ元でpring知ってますか?と聞いてみたところ、「知ってますよ!」との答えが。
ただ、使ってはいないとのこと・・・。
pring使ってみてください、なんならタクシーの決済にも導入してくださいとゴリ押しして5分ほどでさくらモールに到着。

店内に入ってみると、至る所でpringを告知してくれていました!
これは嬉しい。

結構目立つところに置いてありました!

そしてこんなpringちゃんも発見

モコモコプリンちゃん

東北だから雪っぽい感じなのかな?
とっても可愛いけど、ちょっと季節外れダネ!

それはともかく、まずは決済手段の視察から。
う〜〜〜ん・・・やっぱり10人中9人の方が現金払い・・・。

でも、店舗入り口にたくさんATMが置いてあったり、

これだけ現金が手に入れやすい環境だと、キャッシュレス化への道のりはまだまだ遠そうですね。

さて、店内を一通り物色した後は、お次の目的地、ローソン富岡小浜店へと向かいます。
それにしても駐車場が広い。
お店と同じくらいあります。

ローソンの店内にも所々、pring告知していただいていました!

少し空いていたので、店員さんに聞き取り調査をしてみたところ、
なんと、pringを日常的に使ってくれているのだとか!
使いやすいとお褒めの言葉もいただきました。嬉しい。

普段の買い物はご自身が働かれているローソンで済ませているので、財布を持ち歩かなくて楽チンと言っていただきました。

こんな感じで今回の福島視察は終了しましたが、
やはりキャッシュレス決済を広めていくためには、現金からキャッシュレス決済に移行するための圧倒的なきっかけ作りと、経済圏の創出が不可欠なんだなぁ〜・・。と改めて実感。

最後は少し真面目に締めくくってみました。
次回は北九州編をお届けします!(動画も頑張る!)

pring(プリン) -お金コミュニケーションアプリ-

pringはお金コミュニケーションアプリです
例えば、立て替えていたお金を返してもらう時。相手にスマホでメッセージを送るような感覚で、簡単にお金のやりとりができるアプリです。もちろんお店で会計をする時もスマホをかざすだけでサッと便利。

Androidアプリのダウンロード
iOSアプリのダウンロード

一覧へ戻る