それって、経費ハラスメント?
2割以上の人が
「経費の立替によって、
生活が圧迫された経験あり!」

経費の立替で社員の生活を圧迫?!
経費ハラスメントの実態について調べてみました。

2019.05.21

みなさまお久しぶりです。
プリン広報のそねだです。

突然ですが、
みなさまは「経費ハラスメント」を受けたことがありますか?

〜経費ハラスメントとは〜

経費を申請しづらい雰囲気を出すことで、従業員の経費立替をなかったことにしたり、仕事をする上で必要な出費にも関わらず、申請をすることで文句を言われてしまう、というあるある現象のことを指します。
(プリン社が勝手に作った造語です、あしからず。)

本日は、そんな経費ハラスメントについての調査結果を発表したいと思います。
今回もそねだの勝手な見解とコメントとともにお届け!

\それではスタート!/

Q1. あなたは会社のための出費だったにも関わらず、自腹で支払った経験はありますか。

(単数回答、n=300)

なんと、経費自腹したことが「ある」と答えた方が6割以上!

これはこれは。

経費ハラスメントは、決して目を背けてはいけない社会現象のようです。

ではそもそも、なぜ経費自腹をしなければいけないという状況に陥ってしまったのでしょうか?

 

Q2. あなたが会社のための出費だったにも関わらず、自腹で支払った理由をお答えください。

(複数回答、n=193)

「申請が面倒だったから」がなんと堂々1位。

めっちゃ分かるーーーーー!!

経費って、どうしてこうも申請がめんどくさいのでしょうか・・。
申請フローをめんどくさくすれば、諦める人がでてくる、という会社側の思惑なのでしょうか・・。

「少額で気まずい」「ケチだと思われたくないから」も、超・共・感。

200円、300円くらいなら、良いっちゃ良いんだけど、
とはいえチリツモだし、一応会社のために使ったお金だし・・・
でも、200円のために必死に申請してるとも思われたくないし・・・
と、いつも葛藤してしまいます。

みなさまは200円、300円の時はどうされていますか?

 

Q3. あなたは経費の立て替えにより自分の生活を圧迫された経験がありますか。

(単数回答、n=300)

なんと、2割以上は経費申請によって、生活が圧迫された経験あり!

これは200円の申請を遠慮し続けた結果なのでしょうか。
だとしたら、つらすぎる。

 
さて、お次は2問連続で。

Q4. あなたのお勤めの会社は経費申請がしやすいと思いますか。

(単数回答、n=300)

Q5. あなたのお勤めの会社は働きやすいと思いますか。

(単数回答、n=300)

なんと、経費申請がしやすいか、しにくいかによって
働きやすさに差が出ることが判明・・!

人手不足の昨今、経費ハラスメントは退職の原因ともなりうる、立派なハラスメントの一つ。

今すぐ我が社の経費精算を改善せねば!という社長さん、ぜひ業務用プリンを使ってみてください(宣伝)。

 
そして、最後は経費ハラスメントに訝りを感じている、お茶の間の声を集めました。

「上司がケチ」というシンプルなものから、「社長の香典独り占めが納得いかない」という、経費関係ある・・・?というものまで幅広い声をいただきました。
 


・先に立て替えるお金がない。(30代女性)

・上司がケチ。(40代女性)

・経理のおばちゃんが細かい。(30代男性)

・経理担当が不機嫌な日が多い為、渡しづらい。(30代男性)

・ポイントについてグダグダ言う。(30代男性)

・細かく理由を聞かれる。見ればわかるような備品ばかりなのに!!(20代女性)

・その時の売上によって申請できるできないが曖昧なこと。(30代女性)

・経費申請をすると担当者があからさまに嫌な顔をすることが不満です。(30代女性)

・会計士から、経費で自分のカードにポイントが加算されたことをツッコまれた。社長がお客さんとの飲食代とか精算しすぎ。ちょっとうらやましい。あと香典代を出したのに香典返しを全部社長が持っていくのが納得いかない!!!(30代女性)

・営業部門のため取引先との懇親会がちょくちょくあり、半ば強制的に二次会以降にも参加させられるが、経費では一次会のみしか負担してくれないこと。(20代男性)

・社長に関するものは範囲が広いが、一般社員は狭い。(40代男性)

・申請から振り込みまでに時間がかかる時がある。月に5万くらい経費で支払いがある事が3ヶ月くらい続く時、振込が遅いと少々不安になる。(30代女性)

・出張費用などは先払いにしてほしい。その方が申請や立て替えがなくなって便利。(30代男性)

・給与とは別に振り込まれているが、いつ振り込んだか教えてくれないので、自分の口座をいちいち確認するのが面倒と思うことがある。(30代女性)

・精算方法が現金払いであること。(40代女性)

・周りが経費を申請しにくい雰囲気を出しているので、下っ端は特に申請しにくい。(20代女性)


みなさまいかがでしたでしょうか?

経費ハラスメントに苦しんでいる方がいらっしゃいましたら、
やんわ〜りと業務用プリンを勧めてみてはいかがでしょうか?

他にも、経費精算にまつわる「あるある」お持ちの方は、
ぜひ「#経費ハラスメント」でツイートして、ご経験を共有してください〜!

それでは、また。

プリン(pring) -お金コミュニケーションアプリ-

プリンはお金コミュニケーションアプリです
例えば、立て替えていたお金を返してもらう時。相手にスマホでメッセージを送るような感覚で、簡単にお金のやりとりができるアプリです。もちろんお店で会計をする時もスマホをかざすだけでサッと便利。

Androidアプリのダウンロード
iOSアプリのダウンロード

一覧へ戻る