• twitter instagram youtube
2019.05.13

玉の輿で下克上!
〜お金持ちが選ぶ女性とは?〜

みなさんこんにちは!片桐ナツミです!

とある日の昼下がりに、
「あーお金欲しいなーお金持ちになるにはどうすればいいんだろう。。」
なんて事を考えていたのですがなんと、一番手っ取り早い方法を見つけちゃいました。

そう。
玉の輿に乗っちゃえばいいんです!笑

とはいえ、さぁー、お金持ちと結婚するぞー!と言っても結婚できるものではない。。。
ので、今回はどうすれば玉の輿婚できる可能性が広がるかをナツミなりに考えてみました!

「玉の輿にのってお金持ちになる!」と題して、
・ズバリ社長に聞いた!社長ってどんな女性と結婚したいですか?
・あのお金持ちは誰と結婚した?
・お金持ちが大事にしているものとは?
・ナツミが思う、お金持ちの男性が選ぶ女性とはこんな人!
玉の輿に乗るための方法をご紹介していきたいと思います。

さあみなさん、一緒に玉の輿に乗りましょう!!(ゲスい)

 
 

■ズバリ社長に聞いた!社長はどんな女性と結婚したいですか?

さてさて。
お金持ちと聞いて、一番に思い浮かぶのは、社長!
ならば、社長に理想の女性像を聞くのが手っ取り早い!ということで、
直接社長に聞いてきました。

私:「社長、ズバリ社長が結婚したい女性ってどんな人ですか?」

A社長(40代・渋谷区在住・IT経営)の回答:「お金持ち」

B社長(30代・港区在住・広告代理店経営)の回答:「誠実で子供好きな美女!笑」

C社長(40代・新宿区在住・飲食経営):「いつまでも恋人同士でいられる女性。」

うーん。参考になるようなならないような・・・。

 
 

■あのお金持ちは誰と結婚した?!

社長の意見はあまり参考にならなかったので、
お金持ちの男性が実際に結婚した女性がどんな人なのかを調べてみました。

【スティーブ・ジョブズ】
★妻:ローレン・パウエル・ジョブズ
 ・起業家。投資家でもある。
 ・世界の女性で6番目に資産を持っている
★出会い
ローレンが通っていたスタンフォード大学の講師だったジョブスが、偶然ローレンの隣の椅子に座ったことがきっかけ。

【ビル・ゲイツ】
★妻:メリンダ・ゲイツ
 ・ワシントン・ポストの取締役
 ・ 2016年大統領自由勲章受賞
★出会い
マイクロソフトの報道機関向けのイベントでビルと出会う

【イチロー 】
★妻:福島弓子
 ・実業家
 ・元キャスター
★出会い
TBSラジオでイチローと共演したのがきっかけ

 
ふむふむ。。

 
 

■お金持ちが最も大事にしているものとは?

さて、お金持ちが選んだ女性を知ったところで、
人は価値観が一緒でない人と一緒に居ると、苦痛に感じてしまいます。

ということで、お金持ちが大事にしているものについて、調べてみたところ、

それは

人>時間>お金

でした。

お金持ちはよくタクシーを使うイメージがあります。
捨てるほどお金があるからタクシーを使うのだと思っていたら、そういう訳ではなく、
少しでも移動にかける時間を短縮させるためにタクシーを使っているのだとか。

また、お金持ちの人は人との縁をとても大切にしていると良く言います。
つまり、人と少しでも長く一緒に居られるように、わざわざお金で時間を買って、縁を育てているということ。

私は、タクシーにお金を使うのはお金の無駄だから、時間がかかっても電車に乗った方がいいと思っていましたが、それは私の中の優先順位が

お金>時間>人

だったからみたいです。

お金持ちと全く逆の考え方でした。反省。
これからは、人>時間>お金で物事を考えられるようになろうと思います。

 
 

■ナツミが思う、お金持ちが選ぶ女性とはこんな人!

お金持ちの好みの女性や価値観について色々と調べてみましたが、
お金持ちが選ぶ女性とは、【自立した女性】なのではないか、という結論にいたりました。

お金持ちはそれなりに頑張って働いている人を好んでいるように思います。
それは「あのお金持ちは誰と結婚した?!」の女性たちの特徴を見てもわかります。

自立とは、人に頼らずに自分でお金を稼げることだと思います。自立した女性というと、パッと頭に浮かんでくるのは林真理子さんです。
林真理子さんの本の中で、「林さんと話すと男性は楽しいでしょね。仕事の話、政治の話、芸術の話がなんでもできるから。」と言われて嬉しかったと書いてありました。自立していると、自然と男性が一緒に居たくなるような人になっているのだと思います。

だから、私は、初任給が出たら、いろいろなものを見たり触れたりしに行こうと思っています。
自己投資をすることで、色んなものの体験を話すことができる、おもしろい人になれるからです。玉の輿は簡単に乗れるものでもなさそうですね。

目指せ!林真理子さん。

ではまた。